Home > 2007年10月

2007年10月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

HERBINのガラスペン

  • Posted by: merle
  • 2007-10-19 Fri 02:28:13
  • item
HERBIN(エルバン)のガラスペンをご紹介します。

HERBINガラスペン&インク

この商品は、9月の展示会で、”にじまない”、”香りつきインク”という2つの言葉に惹かれ、自分が欲しくて入荷してしまいました。

それまでは、特にHERBIN(エルバン)のことを知らなかったのですが、商品カタログを見て、歴史があるメーカーだということがわかりました。

以下、商品カタログより
-----------------------
エルバンは1670年(ルイ14世在位時代)にパリで生まれたシーリングワックスとインクの老舗ブランドです。
船乗りだった創始者J.エルバンがインドで買いつけた材料が、飛躍的にシーリングワックスの質を高め、封ろうは欧州の流行に、そして習慣になり、王室のご用達となりました。
フランスを代表する高級香水瓶の封は、その誕生以来、一貫して、エルバン社の製作によるものです。
1700年にはインクの本格的な生産を開始、1792年、最後の神聖ローマ皇帝フランツ2世戴冠の折にはエルバンのインクが献上されたとの忠実も残されています。
自然の中の豊かな色のイメージに着想を得たインクは定評を呼び、代表的な「ヴィオレパンセ」は、第一皇帝時代から1966年までフランス全土の小学校で指定色として愛用されてきました。
フランス人が最初に指名するインクは、エルバン。これはナポレオン以来の国民的伝統でもあります。
-----------------------

と、かなり古くからの老舗だということがわかりました。

入荷して数日、自分が入荷しておきながら自分の財布を見ながら、少し買うのをためらっていましたが、今日購入しました。
香りつきインクはラベンダーにしました。

帰宅して使ってみましたが、最近は木軸ボールペンの滑らかな書き味に慣れていましたので、グリップも含め書き味に少々違和感がありました。(これは慣れるしかないですね)

心配していた字のにじみですが確かににじみません。
特殊?なペン先によるものだと思います。
ゆっくりと書くと太めの字、早く書くと普通の字で書けます。
インクをつけすぎるとかなり濃くなってしまいますので、ペン先半分くらい付けるのが良いように思いました。
昔のペンのように、数文字書いてはインクをつけるという手間は必要なく、かなりの文字が一回で書けます。

インクの色は紺色です。
香りは、直接嗅ぐと結構キツイ香りと思ったのですが、使用時にはかすかな香りで自然でした。

現在においては、インクをつけて字を書くといったことは、まずなくなってしまったように思います。
手紙を書くことも、メールやプリンタから出力される文字に変わってしまいました。
こんな時代だからこそ、もう一度自筆の手紙を味わい深いペンを使って書いてみたら、相手に気持ちが伝わりますね。
私も時々このペンを使ってみようと思います。
置いてるだけでも綺麗ですしね!!


ガラスペン(ロイヤルブルー) 3,150yen
香りつきインク 1,470yen
 (ラベンダー、ローズレッド、ヴァイオレットパープル)
香りつきミニインクセット 2,310yen (近日入荷予定)

merle(メルル)のステーショナリーコーナーに置いています。

お風呂でリラックス

  • Posted by: merle
  • 2007-10-18 Thu 01:48:56
  • item
すっかり朝晩が涼しく(寒く)なってきましたね。
我が家でも毎日お風呂を沸かすようになりました。
そんなことで、またお風呂にまつわるgoodsを紹介します。(なぜか最近お風呂ネタが多いです)

商品名は「防滴バスラジオクロック ターナ」です。
お風呂

最近の家ではお風呂場にTVがあるところもありますよね。
我が家はTVなんて買えるはずもないのですが憧れだけあって、お風呂で音楽が聴けたら...と、思い切って買いました。
防滴バスラジオクロックターナ

それ以来、お風呂に入ると必ずスイッチオンでFMを聴いています。
最近では24時から始まるジェットストリームを聴きながら、お風呂でリラックスしてしまいます。5~10分は長くなったでしょうか...

ターナの機能を紹介。
AM/FMラジオとデジタル時計が付いています。
防滴仕様なのでシャワーの水がかかったくらいでは支障ありません。(ただ、スピーカの部分に水がかかると音が小さくなります)
本体の大きさは直径12~15cmくらいです。
アンテナは付いていません。自宅は松山市内ですがFM愛媛やAM南海放送は問題なく聴くことができます。
音質はスピーカーが小さいのでそれなりです。アナウンサーの会話や、音楽でもアコースティック、クラシックなどの落ち着いた音楽は気持ちよく聴けますが、現代音(歌謡曲など)は音量を上げると少しうるさい感じがします。

今日、ふと気が付いたのですが、ipodにFMトランスミッターを付けたら好きな曲がお風呂で聴けますね。
ということで、お小遣いが貯まったらFMトランスミッターを買ってみたいと思いました。

この「防滴バスラジオクロック ターナ」は、merle(メルル)で販売しています。価格は2,100yen(税込)です。

これからの季節、お風呂で体を温めてリラックスです。
ぜひ、お試しください。

エレファント貯金箱

  • Posted by: merle
  • 2007-10-13 Sat 02:19:09
  • item
雑貨の雑誌でも見かけるゾウの貯金箱です。

Norsu エレファント貯金箱

北欧デザインという言葉に惹かれ、最近merle(メルル)も入荷しました。

おもちゃのようなこの貯金箱は、実は70年代から80年代初めにフィンランドのプラスチック成型メーカーが作っていた物を復刻したモノです。

主に、北欧のいろいろな銀行のノベルティーとして子供たちに配られていたようです。日本の銀行も昔はそんなのがありましたね。
銀行のキャンペーンで子供たちに貯金箱だけを「貯まったら持ってきてね!!」と配っていたようで、鍵は銀行でしか開けられなかったとの事です。 ...そのまま貯金させたらしいですけど。

当時製造していた会社の現在の主力商品はハンガーやスーパーで使う買い物かごですが、当時のエレファント貯金箱の型があるということを聞きつけた現在の販売メーカーの依頼で復刻生産しています。
今も昔も製造はフィンランドの工場です。

ただ、今は日本でしか流通しておらず、ヨーロッパに行っても買えません。
ちなみに、当時の銀行名が入ったオリジナルが日本のネットで売られているようです。当時は無料...
 
そんな少し歴史のある貯金箱なのです。

北欧の人は家の中にいる時間が多いせいか、家の中の道具(家具・インテリア用品)のデザインはすばらしいですね。

価格は840yenです。
裏蓋には鍵が付いています。(これもポイント!?)

merle(メルル)で探してみてくださいね。

フィンランドバス ヘイフラワーバスソーク

  • Posted by: merle
  • 2007-10-10 Wed 02:19:25
  • item
前回ご紹介しましたフィンランドバスしらかばソークに続いて、同シリーズのヘイフラワーバスソークを試してみました。
フィンランドバス ヘイフラワーバスソーク


このバスソークは、はちみつ+植物エキス配合です。
お湯の色は、緑がかった乳白色です。
ヘイフラワーバスソークの色


香りははちみつの香りも少しはありますが、個人的にはハーブ系の植物の香りのほうが強く感じました。ただ、前回のしらかばソークよりはこちらのほうが少しだけ弱いです。
香りが気になる方はヘイフラワーバスソークのほうをおススメします。
お湯の感じは、しらかばソーク同様に少しヌルヌルとなって肌がスベスベになりました。

しらかばソークが良かったと感じた方は、ぜひこちらもお試しくださいね。価格はこちらも1袋210yenです。

今度は、同シリーズでフィンローズがありますので、こちらを入荷次第試してみたいと思います。
お楽しみに!!

秋祭り 2007

  • Posted by: merle
  • 2007-10-08 Mon 01:13:51
  • diary
松山市の秋祭りは10月5日~7日の3日間。
今年は、merle(メルル)がオープンして初めての秋祭りです。

秋祭り


店の前で獅子舞をしていただき、商売繁盛を祈願しました。

Index of all entries

Home > 2007年10月

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。